スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方絢文禄 尾張の巻 第三.五弾イベントレポ【前編】

2011年08月30日 02:51

どうもこんにちは。皆さん夏休みをエンジョイしていますか?
僕は毎日部屋に籠ってワードに向かって原稿しています。誰か僕の彼女になって僕を外に連れ出してください星崎です。

先日、東方けんぶんろくの方に参加させていただきました。一般ですけどねー。
今回はそのレポでも書いていこうと思います。


とりあえず前日から。
twitterでけんぶんろくの参加宣言。
それに対してのひのさん(変換がめんどk――出てこないので以下全部ひらがなにさせていただきます。ご了承ください!)からのリプライが。
「一緒に行きませんか?」
ふむ。
一緒に行くことについては問題ないんですが。

前回の名月祭で遅刻かました(別に約束とかしてたわけではないですが)前科がある身としては快諾とはいかないのが苦しいところ。
まあ、結局一緒にいったんですけど(山もオチもない
なんとか遅刻しないで間に合いました(キリッ
名古屋駅銀時計前で10時に待ち合わせという恋人のような完璧な待ち合わせの末、電車でGO
どうでもいいですけど、こういうときにだけあおなみ線って異常な混み方しますよねw
巻き込まれた人が気の毒でなりません。
「いつもすいてるから間に合うはずだったんです……」
こんな言葉を言った人がいないことを祈ります。

電車に揺られ40分ほど。
会場に到着しました。
ひのさんに連れられ会場へ。というかひのさんいなかったら100%迷ってましたw

外でカタログ販売だったのですが、屋内をうろちょろする僕ら。
カタログ買ってからじゃないと会場には入れないんですね。
で、そこでひのさんがソファーに座っていた何者かに挨拶を。
もしやリア友か……? と思いながら少し離れて様子をうかがう僕。
話が終わって帰ってきたひのさんに
星崎「今のリア友の方ですか?」
ひのさん「いえ、ちゅなまよさんです」
星崎「ちゅなまよさん?」
ひのさん「いちさんのお知り合いの絵描きさんですねー」
えかきさんでした。
挨拶してねええええええええええええええええええええええ!!!!!
やべえと若干焦る僕に
ひのさん「いちさんのスペースにいれば会えますよ」
心強い同行人がいるとほっとします



外に出てカタログ販売の列に加わるものの……
星崎「やばいですね」
ひのさん「並んでますね」
星崎「多すぎませんか?」
ひのさん「コミケではこの数倍の列をすぐにさばきますよ」
コミケすげえ。
さすが修羅の者が集う場なだけある。鍛えられている……!
とりあえず言っていても仕方ないので並ぶ僕ら。
暑い。
星崎「暑いですね」
ひのさん「ですねー」
暑いの苦手なので辛かったです(´・ω・`)

数分後、なぜか急に進む列。
いや、ほんと異常な速さでした。カタログちゃんと買ってるのか? と思ってたら。
スタッフさん「カタログ売り切れでーす!」
売ってなかった。

カタログのかわりに入場料を払って入場することになったので、列の移動があっただけで人がはけたわけではなかったんですねー。
しかし割とすんなり進む列。
入場開始から数分経ったのが大きいんですかね?

ちなみに。
星崎「あれ、これってコミックライブのカタログじゃないですか?」
ひのさん「あ、ここで大丈夫ですよー」
星崎「え、でもこれ違うイベントですし……場所違ったりしませんか?」
ひのさん「ここですよー」
星崎「むー?」
ひのさん「イベントが合同なので大丈夫です」
ここまで聞いたのにもかかわらずいまいち理解していなかった僕は、ひのさんがいなかったら間違いなく詰んでましたね。一人だったら絶対あの列には並んでなかったですw

入場後、とりあえず名月祭で一度挨拶した方のもとへ。
前回スケブ頼めなかったのもあるんで、とりあえず一番最初に。
というかここでも僕は超方向音痴を如何なく発揮し、どこに向かえばいいのかわかんなくなってたのは仕様です。
だってコミックライブもけんぶんろくも一緒にやってたらどこのスペースがなんなのかよくわかんないよ(´・ω・`)
で、そこで「さぷり」のみずせさんにスケブを預け、新刊を購入。
名前を名乗るだけの挨拶をしてそこを後にしました。
どうでもいいですけど名乗り方がわからなくて困ります。どのタイミングで名乗るんですか。
超どもりました。スケブ渡しながらだと、なんていうか「知り合いだから描いてください」みたいな感じに思われると超嫌なのでその前かな、と思いつつも、え、じゃあ本買いながら? と思うとそれも違う様な。かと言って買う前に名乗るのも、スペースの前に長時間立ってしまうことになりますからそれもためらわれるところです。
え、でどうすればいいの?
案の定テンパった僕は結局意味不明な唐突な名乗り方をしていた気がします。キモイ人だと思われたらどうしよう……!

次に、とうとういちさんとよっしーさんのサークル「Allure of Faker」へ!
ちなみに最初に行かなかったのは差し入れ持ってきてたし、いくらかしゃべるつもりだったので混むであろう最初は避けようかと思ったのです。
ところで差し入れって何を持っていけばいいんですかね?
僕が初めて見た差し入れは、何か綺麗に包装された大きなお菓子だったんですが(アイマスのオンリーで真未さんに持ってこられた方のものですね)そこまでの財力はありませんで……
しかしいちさんには先日のサークルカットの件で迷惑をおかけしたのと、これから挿絵や表紙などでお世話になる方なので迷った結果。
一週間に2回ほど、高校時代の友人と会い、いわゆるサークル活動をしているのですがそこへ行く道にある洋菓子屋さんで焼き菓子の詰め合わせを買ってみました。小さいものですが。
一度も入ったことなかったんですが、ちょっと気になってたんですよねー。是非今度は自分用に買ってみたいですw

それを携えいちさんとよっしーさんのサークルへ。
いちさんとよっしーさんのお二方によるAllure of Fakerですが、その時店番をしていたのはいちさんの方でした。


とりあえず新刊と、持っていなかった既刊を購入。
ひのさんは中身のラミカ(?)目当てに新刊を二冊買ってました。すげえ。
お菓子を渡ししばし雑談。
星崎「終わった後どうします?」
イベント始まった直後に終わった後の話をする僕。
いちさん「んー、どうしましょう」
星崎「ご飯とか」
いちさん「あー、そうでしたね。最後までいます?」
星崎「いますよー」
いちさん「じゃあ行きましょうか」
星崎「はいっ」ワーイ


あまり長いこといても迷惑なのでとりあえずほかのところを回ることに。
次に行ったのは、お隣のイベントのコミックライブにて「スパイス検索」の陸山さん。
ひのさんについてきていただき挨拶に伺うことに。
星崎「あ、これください」
陸山さん「あ、はい。○○円です」
星崎「えーっと、はい」チャリ
陸山さん「ありがとうございます」
星崎「スケブって午後も受け付けてます?」←唐突に意味不明
陸山さん「え、あ、はい」
星崎「あ、じゃあ後でまた伺います。あ、あと、えっと、星崎です」ペコリ
陸山さん「あ、こんにちは」


完全に不審者じゃねえかああああああああああああああああああああ!!!!


名乗り方を考えよう。
というか誰か教えてくれ。


さて。
これで一応挨拶(?)を済ませたので――っていうかこれ(?)じゃねえよホントに何かわからない何かだよ――あとはぶらぶらと歩くことに。

次にRRRさんのとこで総集編を買いました。
僕は委託とかでは総集編ばっか買う人なので総集編は嬉しい!
なんというかがっつり読みたいんですよねー。
ひのさんも確か新刊を購入していたような。
というかここのサークルさんの方のレミリアのコスプレがいつもツボです。やばいですツボすぎてやばいです。大好きです。
いつか一緒に写真撮ってほしいです


で、確かこの後もう一度いちさんたちのサークルへ行ったんですよね。周っている最中に通りまして。
この時にはよっしーさんもいらっしゃいました。いつ会っても良い人です。
お会いするのは名月祭のとき以来で2回目ですねー。前回は僕がどもりまくってあまり喋れてなかったので今回はいろいろお話したいと思ってましたw
この時いちさんにカタログをいただけました。
星崎「カタログないのでどこにどなたがいらっしゃるのか全然わかんないですw」←絶対こんな丁寧に喋れてなかった気がする
いちさん「つカタログ」ハイ
星崎「え」
いちさん「あげる」
星崎「いいんですか!」
いちさん「うん」コクコク
星崎「ヾ(・∀・。)ノ-!!」ワァイ
というわけでカタログをゲットしました!
ありがとういちさん!



星崎「どこ行きましょうか」
ひのさん「どこにしましょうかねー」
星崎「知ってるところとかあります?」
ひのさん「うーん、ありますけれど委託で買っちゃったりで」
星崎「あー」ナルホド
とりあえずぶらぶら回るかー、ということに。
星崎「あ、オーケストラアレンジとかあるんですね。ジャズアレンジとかないかなー」
ひのさん「さっきありましたよね」
星崎「Σ(゚д゚」エッ
ひのさん「だから、『あれ、いいのかなー』って思ってましたw」
星崎「い、行きましょう!」
ちなみにひのさんが言っていたジャズアレンジをちゃんと手に入れられていたのかはわからないですw





直後ひのさんとはぐれました(爆

サークルの人「これは~~~で」
お客さん「へー! すごい!」
星崎「?」チラッ
星崎「Σ(゚д゚!!」スゲェ
えーき様のアレ(名前が出てこない。悔恨棒とかそんな感じの名前(適当))が置いてありました。
何やら京都のそういう細工職人の方に頼んで作ってもらったものなそうな。
すごい迫力でしたねー。かっこよかったです。
京都の云々と聞いて動く食指。ううむ、どうしよう。
フリスクケースがありましたが、ううう、ちょっとお高い。
しかしなんというか風情のあるというかかっこいいというか雰囲気の出ている品。
星崎「うーん」ウーン
この迷っている間にひのさんとはぐれたというわけですw
というか同じサークルで何分も迷うクソ野郎は僕ですすみませんご迷惑おかけします。
結局購入。
射命丸のフリスクケースですねー。最近授業やバイトで寝ないために最高のパフォーマンスを発揮するためにフリスクとかよく持ち歩くので使ってみたいと思いますー。
商品にサークル名が書かれていないのでちょっとサークル名とかはわからないです;;
すみません。

で、ひのさんとはぐれたことが発覚した僕はとりあえず邪魔にならない壁の方へ。
twitterでひのさんがヘルプを出していたら向かおうと思ってましたがなさげ。とりあえずツイートだけして場所をを変えることに。
とりあえずCDを目指して進みました。








さて。
今回はこの辺にしておきます。
見返すと長すぎるでしょうw
また書けたら投下しますねー

長文駄文失礼しましたっ
ではではー
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://youichialacarte.blog26.fc2.com/tb.php/86-412562b4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。