スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツレポ1日目【前編】

2012年08月05日 01:28

ほい! レポートだし損ねて夜中に大学に凸った挙句、ドアをドラミング、職員に逃げられ郵便ポストにレポートをぶち込み、冷静になって教授に謝りに行くことになりました星崎です! こう書くとクズ学生染みてますがそんなことはありません! 詳しいことはtwitterで! 続きはwebで! 
試験以外にも単位取得には様々な困難があって僕は悲しいです!
twitterで嵐のように駆け巡った「教授が死ねば全生徒に単位が出る」という言葉の重みを実感しました。



というわけでドイツレポ1日目前編です。
まだ試験が残っているんですがもう終わったような雰囲気醸し出しながら更新します。最後の教科めんどくさいぞ……
っていうかですね。このレポあまりにも書くことが多すぎて終わる気しないんですけど。一日目でようやく空港から出たのに僕もう疲れちゃいましたよ。もう短編か中編一本分くらいは書いてるじゃないですかやだー!

ちなみに、今回は明久くんに投影したものじゃなくてそのまんま僕の一人称です。
理由は前回のを読み返して「これ面白いか……? 普通にやった方がいいんじゃね……?」って思ったのと、某東方同人作家さんのイベントレポ漫画が面白すぎてそれに大いに触発されたというところですね。
絵の練習とかしちゃいました。
試験期間中になにやってるんだよ……



というわけで、のろのろと進んでいるドイツレポですがとりあえずおいておきますね。
なんか最近不思議の訪問者様が増えていてびびってます。なんでだ……? どこから来たんだ……?
例大祭で挨拶しに行った方か……?
こんな辺境の地に来て下さりありがとうございます! 亀更新ですがぼちぼちやっていきますのでお暇な方は是非どうぞ!


ではいつも通りレポは追記から。
長文駄文失礼しましたっ
ではではー!










 というわけで!
僕「やってきましたドイツ!」
僕「ドイツはフランクフルト空港着です!」


 入国ゲート
僕「結構並ぶなぁ」
僕「いつもより長い気がする」
僕「」チラチラ
入国管理官「ペラペラ」
アジア人「ペラペラ」ハイ
僕(何か渡した!?)
入国管理官「ペラペラ」ダメ
アジア人「ペラペラ!」ハァ!?
僕(しかもダメなの!?)
僕(やっべぇ……もしかして入国の理由的な何かかな……チラ見した感じだとそんな雰囲気なんだけど……)
僕(僕そんな書類持ってないんだけど……?)
僕(まあ持ってないもんは持ってないんだし持ってないって言えば――)
僕(…………)
僕(…………)
僕(……ちゃんと言えるか……?)
僕「」ガクガク
入国管理官「ハァ……ペラペラ」クイ
アジア人「ペラペラ」スタスタ
僕(やべえ……どうすればいい……)
僕「は、Hello?」ガラガラ
入国管理官(イケメン)「…………」チラッ
入国管理官「Hello」
入国管理官「…………」ポン
入国管理官「…………」ポイッ
僕「せ、Thank you」
入国管理官「Welcome」
僕「…………」ガラガラ
僕「」ガラガラ
僕「何で初対面の人に嫌われてるの!?」
僕「ま、まあ何事もなく済んでよかった……?」




 とりあえず待合いロビーで見かけた人と合流しました。
僕「携帯通じないから合流にすごい時間かかった!」
僕「っていうかよく合流できたな!?」
僕「そういえばヨーロッパの人って優しいのね。スーツケース引っ張れなかったの助けてもらったよ」←モヤシ
僕「さて…………」
僕「」カチカチ
僕「大学からのメールをコピーして携帯に移してなかったら終わってたな……」
※auショップのあのド素人のことは今でも恨んでいます
僕「ふむ…………」
僕「…………」
僕「集合場所どこだよ!?」




僕「」ガラガラ
僕「」ガラガラ
僕「」ガラガラ
僕「」チラッ
看板「Meeting Point1」
僕「」カチカチ
メール「待ち合わせ場所はMeeting Point2」
僕「」ガラガラ
僕「」チラッ
看板「Meeting Point2→」
僕「」ガラガラ
看板「Meeting Point2↓」
僕「」ガラガラ
看板「Meeting Point2→」
僕「」ガラガラ
僕「」ピタッ
自動ドア「」ウィーン
僕「…………」
僕「外じゃねえか!?」



 
僕「あの、すんません、僕方向音痴なんで……」
同行者さん(以下A子さん)「ううん、私もだから……」
僕「看板とか地図見た感じなんだけど……」チラッ
バス「」ブーン
僕「……あれ、乗るんじゃないかなぁ。シャトルバス的な」
A子さん「でも、バス乗るなんて聞いてない……」
僕「そうだよねー……」
僕「シャトルバスならいいけどお金かかったらアレだし……」
A子さん「ちゃんと帰ってこれるかの保証も……」
僕「んー……」
僕「」チラッ
Information「」ハーイ
僕「わからないことがあれば」
A子さん「」ハイ
僕「人に聞きましょう!」




A子さん「ペラペラ」
Information「ペラペラ」
僕(何言ってるか全くわかんねぇ……)←クソ英語力
Information「」クイッ
僕「…………」チラッ
自動ドア「」ハーイ
僕「結局外じゃねえか!」
僕「……outside?」
Information「Yes」
僕「oh……」
A子さん「Thank you」





僕「うーん」
A子さん「…………」
僕「とりあえず」チラッ
看板「」ハーイ
僕「行き方はまだあるみたいですし」
僕「」チラッ
時計「6:00」
僕「」カチカチ
メール「集合時間:10:00」
僕「まだ時間はありますし、気ままに行きましょう」
僕「…………」
僕「なんで集合時間まで4時間もあるんだよ!?」






僕「」ガラガラ
僕「いやあ、それにしても」
A子さん「はい」
僕「めちゃくちゃ暑いですね……」
A子さん「そうですねー」
僕「」チラッ
外「吹雪」
僕「…………」ンー
僕「結局室内は暖かいんだよなぁ……」





僕「」ガラガラ
僕「あ、そういえば」
A子さん「はい」
僕「入国審査でえらく揉めてる人がいたんですけど、どうでした?」
A子さん「ああ、私も止められちゃって」
A子さん「ドイツに来た目的に『Study』って言ったら大学からの書類を出せって……」
僕「ないよね」
A子さん「ない」
A子さん「言葉通じないからすっごく大変だった……散々止められちゃったし」
僕(なるほど。だから出てくるのあんな遅かったんだな)





 看板に従って歩くこと数分
僕「モノレール?」
『Terminal2→Terminal1』
僕「これですね」
A子さん「これですね」
僕「モノレール乗らないとたどり着けないんですね」
A子さん「聞いてないですね」
僕「…………」
僕「言えよ!!!!」
※後から発覚したんですけど大学側もいっぱいいっぱいだったみたいです




 Terminal1
僕「あ!!!」
電気屋「」ハーイ
僕「すんません! 僕ちょっとSDカード買ってきます!」
A子さん「SDカード?」
僕「デジカメ持ってきたんですけどSDカード(64GB)家のパソコンに刺しっぱなしにしてきちゃって……」
A子さん「じゃあ外で待ってます」




僕「えーっと……」
僕(よかった。SDカードはあるな……。しかし何でこれ同じ要領で値段が全然違うんだ……? っていうがどんだけの容量のを買おう……)
僕(ってか何でメモリーカード類はレジの隣なんだよ……店の人めっちゃ見てるよ……このままじゃ――)
店員「May I help you?」
僕「やっぱりきた!!!!」
僕「あ、あー」
僕「i,I am looking for SD card」
店員さん「」チラッ
僕(やべー!! 『目の前にあんじゃん何言ってんだこいつ』みたいな雰囲気出た!!! 顔めっちゃ笑顔のさわやかイケメンだけど絶対心の中でそんなこと考えてる雰囲気出た!!!!!!!!!)
僕「あ、あー」
 思わずカオナシみたいになる僕。
僕「This is cheaper than this one,but these are same price」
 大学入試時ばりに頭回す僕。
僕「What is difference between this and this?」
店員「ah- ペラペラペラペラ」ココ
僕(何言ってるコイツ!!!!!!??????)
僕(あ、なるほど。通信速度か)
僕(わかりやすいアイコンって素敵!!!!!)
僕「ah,I understand」
 ※星崎の英語力はゴミレベルなのでご了承ください。
僕「んっと、んっと……」
僕「I use for camera. Which should I buy?」
店員さん「oh- ペラペラペラペラ」
 ※自分で言ったことは覚えていても相手が言ったことまで覚えてないです!!!! とにかくペラペラです!!!!!!!
僕(だから何言って――ああ、なるほど。ここに目安が書いてあるのか。なるほど、2GBなら何枚で……)
店員さん「僕のおすすめはこれ(英語)」つ16GB
僕(一番高いヤツ薦めてきやがった!!!!!)
僕「This is too expensive」HAHAHA
店員さん「o--h」HAHAHA
僕(これくらいが手頃かな)
僕「This please」つ4GB
店員さん「Thank you」
店員さん「」ゴソゴソ
店員さん「」E:カッターナイフ
僕(!!!!!!!?????????)
店員さん「」ニッコリ
店員さん「」ザックリザックリ
僕(????????????)
店員さん「取りやすいように切っといたからね」ペラペラニッコリ
僕「お、おーう! Thank you!」
 マジでいきなりカッター取り出してパッケージ切り出すの心臓に悪いんでやめて欲しいです!!!!! でもよく考えてみると切ってもらえてめちゃくちゃありがたかったです!!!!!!
 ヨーロッパの人ってみんなイケメンですね濡れる。






僕「さて」ガラガラ
僕「…………」ガラガラ
僕「……ここ、どこでしょう?」ガラガラ
A子さん「さあ……?」ガラガラ
僕「誰か係員っぽい人に聞か、ない……と……?」
係員「」スタスタ



 係員
・ズボン制服
・上タンクトップ
・サングラス
・超マッチョ

・っていうか見た目が映画に出てくるマフィアの手下



僕「…………」
僕「かかり、いん……?」
A子さん「たぶん」
僕「たぶん!?」
僕「き、聞いてみようか……」
僕「えくすきゅーずみー!」
係員「ハァ?」クルッ
僕(こええええええ何この人近くに行くと余計こええええええ!!!!)
僕「くっ、くっぢゅーてるみーはうつーげっつーでぃす」つ地図
係員「」ジロジロ
係員「」スタスタ
僕「!?」
僕(え、ちょ、あ!?)
A子さん「」スタスタ
僕「!?」
僕「っ!」ガラガラ
係員「」ピタ
僕「」ビクッ
係員「ここからでればいいよ」
僕「わ、お、あ、せ、せんきゅー!」
係員「」スタスタ←すでに歩き始めてる
 向こうの人はワイルドすぎです
 てか僕の1.5倍くらい身長あったんだけど。怖い。
 どうでもいいですけど中学校で習った英語ってめちゃくちゃ使えるんですね。というかここまでで中学校レベルの英語しか喋ってないですけどなんとか生きていけてるし。コミュニケーションはともかく、困ったときの英語は中学校の教育でなんとかなってる印象。コミュニケーションはともかく。
 コミュニケーションはともかく。




 Meeting Point
 巻きますか巻きませんか?
僕「巻いていきます」
 ここで今回の研修参加メンバーと続々合流。
 B君、C君は浪人時代からの友人ということで一緒に申し込み参加。
 DさんはAさんとドイツ語の講義が一緒かなんかだった気がする(うろ覚え)
僕「そういえばDさんは飛行機の中で見なかった気がするんですけども」
D「ああ、私は直行便で来たから」



 というわけで説明しましょう!
 今回は研修前に大学から飛行機のおすすめの便を紹介されていたんですね。
 一つは研修開始日の前日に着く日本→ドイツの直行便。ただしその日の寝床は自分で確保してね☆
 もう一つは研修開始日の朝に着く日本→香港→ドイツの便。
 僕たちは後者の方がホテル代などを考えると安いのかと思って後者にしたんですが……
D「いや、直行便の方が安いんじゃないかな。楽だし」
僕「」
 安い上に一日ドイツ観光できてしかもホテル泊ってどんだけ致せりつくせりなんですか!!!!!!!
 僕フランクフルト観光できてないのに!!!!!
 乗り換えめちゃくちゃめんどくさかったのに!!!
 香港で4時間も待たされたのに!!!!!!
 その上高いんかい!!!!!!!!!
D「いやでもほら、集合の日に着いた方がいろいろと便利じゃん」
僕「そうですかぁ……?」
 集合時間の4時間も前に着いてるのに……?
 てかめちゃくちゃ疲れてるんですけど……。

 ちなみに経由便で来たのは僕含め4人だけでそれ以外のメンバーは全員直行便で来てドイツのホテルのフランクフルト観光を満喫したそうですふぁっく。
 



B「とりあえず空港内を見て回ろうっていうか朝ご飯食べよう」
C「ついでに昼ご飯調達」
 この日の朝食と昼食は自分で調達しろとのことでした。
僕「集合場所の目の前喫茶店? じゃん。ここでいいんじゃないかな」
僕「ほら、このトロピカルフルーツジュースとかすごいおいしs」
トロピカルフルーツジュース「5ユーロ」
僕「…………」
パン「3ユーロ」
僕「」
僕「足下見過ぎじゃねぇ!?」
 おしゃれだしめちゃくちゃ広いしで、おそらく高級ファストフード店とかそんなんだったんだと思います。


 結局空港内をうろうろとすることに。
僕「そういえば、ドイツで毎日新聞を買うっていう目標を立ててるんで買っていいっすか?」
B「新聞ってどこで売ってるんだっけ?」
僕「…………」
僕「コンビニ?」




 どうでもいいんですけどプリペイド携帯の自販機とかが普通においてありました。日本でもあるっけ? こういうの。珍しいと思ったからつい撮ったんですけど。




 コンビニで新聞とジュースを買いました。
僕「なんかよくわかんない果物が描いてあるの買った」
B「なにそれ」
僕「わかんない」
僕「新聞はどれが一番有名かわかんないなぁ」
B「これでいいんじゃね?」
僕「ふむ」
 Frankfurter neue Preというのを買いました。









 パン屋さんでパンを買いました。
僕「チョコクロワッサン!」
僕「ドイツと言えばクロワッサンだと聞いたよ」
僕「とりあえずバスの中で食べるお昼ご飯にしよう」






チューター「はい、おはようございますー! みんないますかー?」
C「いません!」
 いませんでした。
チューター「先にバスに行きましょう。私がここで待っています」
 このチューターさん超美人でした。深津絵里似の美人だったのですが。
僕「…………」
A「…………」
B「…………」
C「…………」

I「…………」
運転手(ドイツ人)「HAHAHA!」
 せめてこれはなんとかしてから行け。



 遅れてきた二人を乗せ全員そろった僕たちは生徒11名チューター1名運転手1名を乗せたバスでフランクフルトからドイツのとある田舎の街へ。
僕「…………」チラッ
温度計「8℃~14℃」
僕「…………」
僕「あれってバス内の気温ですか?」
チューター「ううん、外の」
僕「…………」
 日本の方が寒くね……?
 ちなみに朝着いた時にはフランクフルト空港は猛吹雪の中にいましたが次外を見た8時くらいにはすっかりやんでました。ぱねえ。
 ついでに、ドイツで雪をみたのは初日のその一瞬だけでした。
僕「…………」
 E:ヒートテック上下、セーター(以下略
僕「暑いわ!!!!!!!!!」
 研修前会議の「今日は何度だったっけ?」「今日はー、マイナス15℃じゃないっけ?」「あー、そんなもんかー」ってあの会話はなんだったんでしょうか。不安を煽るだけじゃないですか暑いを通り越して頭痛いわ!!

僕「っていうか飛行機の中でも暑くて狭くて寝れなかったし……空調効いてるしそこそこ広いし……うう……でも外の景色……けしk……」
僕「zzz」





僕「はっ!」
僕「…………」
僕「1時間くらい寝てたな」
僕「写真撮ろう」
 これを数回周期で繰り返してました。




僕「あとごはん」
僕「おいしい!」
僕「空港もドイツのにおいってどんなんだろうって考えながら鼻ひくひくさせたけど結局パンのにおいしかしなかった!」
僕「パンおいしい!」





チューター「トイレ休憩でーす」
僕「トイレ行こう!」
僕「あ、そういえば『地球の歩き方』に書いてあったけど」スタスタ
僕「」
僕「トイレは有料だ」
僕「まあいっか」


チューター「トイレ行った人はその券を見てください」
チューター「それはですねー、トイレに併設されたお店の割引券として使用できるので欲しいものがある人は買っていってくださいねー」
僕「ほほう」
僕「何か買うかー」
 ドイツの一般的なお菓子ってことでグミを買いました。



 ハリボー!
 しかし何かこれめちゃくちゃ固い。一個食べきるのにすごい時間かかるしなんか疲れる。お菓子食べて疲れるってどういうことだ。っていうか奴ら子供の頃から顎鍛えすぎだろどこ目指してんだ。
 ちなみにバスの運ちゃん情報だと。
 HA(First name) RI(Middle name) BO(Family name)らしい。キャラクターの名前?
僕「…………」
僕「はい」


僕「しかしもう眠いな……」
僕「もうそろそろバス着いちゃうみたいだけど……」
僕「…………」
僕「疲れちゃったし寝よう」
僕「…………」
僕「起きるころにはもう着いてるだろうね」



 続く
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://youichialacarte.blog26.fc2.com/tb.php/112-1e186274
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。