スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超遅ればせながらコミケレポ!

2012年02月12日 02:35

冬コミ本


超遅れましたが、っていうかもう1か月と半分過ぎてますけど試験も終わったので――まあ追試とかがあればそれはともかくとして――コミケレポ、せっかく書いたので投げに来ました!
と言っても全然おもしろいこと書いてないレポですけどね! なんかもう思いつきでばーって書いただけだし、二、三お話ししたのに書けなかったところとかありますし!
というか買い過ぎだね! 小説本ばっかりだけど! ベッドの上えらいことになってる! この写真のためだけにこんなことして誰が片付けると思ってるんですか!! 僕だよ!!!



というわけで、いまいち文章考えている暇がないというか、勢いがないとこのままぐだぐだと更新しなさそうだったので、こんな感じで。
コミケレポは追記からよろしくお願いします!

拍手コメント返信、その他お知らせなどなどはまた次の更新でお伝えします!

それでは今回はこの辺で!
ではではー!










 今まで行ってみたいとは思っていたものの、なかなか手が出なかったというか足が向かなかったコミケ。
 超ぎりぎり、3日くらいまでどうしようかどうしようかと思っていた僕でしたが。
 大崎屋さん「来なよ」
 というわけで行ってきました!
 コミックマーケット、C81イベントレポスタートです!

 29日PM9:30
 バスの出発時間に対して若干早くつきすぎてしまった感があり、懸念事項であった集合場所についても早々にわかってしまったので、買うのを忘れてしまっていた差し入れを名古屋駅のほうで買っておくことに。
 本当は近くの洋菓子屋さんで買おうと思っていたのですが、それに気づいたときにはすでに家を出ないといけない時間ででして……。
 というわけで名古屋駅にて差し入れを購入後、バスの集合場所へ。
 結構な人々がおり、「これが皆コミケに行くのか……すごいな……」とか思ってましたが、普通にディズニーランドとかに行く人ですよね。
 
 PM10:00
 バス乗車。
 ぶっちゃけバスに乗ってからについては特段書くことがないのでないので省きますね。少々窮屈だったりしましたが、まあ仕方ないでしょう。
 
 30日AM5:00
 バス下車。東京駅着です。
 ちなみにここから完全なノープラン。駅の乗り換えとかも気をつけろと言われていたので調べてから行かないとと思っていたのにも関わらず忘れていた位で、バスの中でちらっと調べて行ったのですが――
 現地に行くと何もわからねえ……!
 で、気づいたらバスに乗ってました。
 いや、マジで。電車に乗ろうと思っていたんですが、案内に従って歩いている内にバスに乗ってました。意味がわからない。
 まあそれがどうも直行バスだったようで、しかもお金も電車乗るより安い(かはわからないですが)感じがしたのでラッキーということで乗り込み直行。
 ちなみに、ここにたどり着くまでに駅の警備員? 案内とか整理の人かな? に道を尋ねたのですが、その際に。
案「今日何かやってるんですか?」
 これ僕の前にも何人かに道を聞かれたに違いない。
僕「ああ、何かイベントとかがやってるみたいですよ」
案「へえ。何のイベントなんですか?」
 おおう……何のイベントときたか……。
僕「ああ、えっと、アマチュアの作家さんとかが本作って売ったりするところ……ですか、ね……」
 僕の回答ではこれが精一杯なんだ。
 まあ幸いにもこの回答でその場は乗り切ることができました。

 AM5:00
 東京ビッグサイト、国際展示場到着。
 バスから降りたくらいのところでちょうどいちさんからメールが。いくらかメールのやりとりをしてから、いちさんとの待ち合わせは、国際展示場駅の前のコンビニの近くということになりました。
 
 ここで少々時間を戻ってコミケ前日。
 twitterの方でいちさんに当日コミケの状況がどんなものか聞いていまして、あまりにも過酷そうなら――というか真実過酷だそうなのですが――途中まで東京観光に時間をあてて昼頃から回ればいいかな、などと思っていたのですが。
 話の流れでいちさんたちの方で余っていたサークルチケットを譲っていただけることに。
 マジですか!!!!!!!
 いいよー
 こんな感じのやりとりの末、いちさんのご厚意と、それに快くオッケーしていただいたよっしーさんのおかげで、サークル参加の列に混じって参加することができました。

 で、その待ち合わせというわけなのです。
 途中トイレに行ったり、コンビニで昼食や水分、ついでにカイロなどを購入していたりしたらちょうどいい時間に。
 電車から降りてもなかなか出てこられないような人の量だそうで、僕も探していて「この中にいちさんいるの……?」って感じの量でしたね。いや、マジで一人二人あの中から消え去ってもわかんないんじゃね、って量でした。
 で、きょろきょろしている僕の目の前に。
いち「どこ見てんですかw」
 いちさんとよっしーさんが。
 一瞬縮地でも覚えたのかと思うくらい唐突な登場でした。
 慌てて挨拶と、先の名古屋駅で買っておいたお菓子を渡す。
 で、早速移動。
 サークル参加だけにしても結構な量の人がいるものです。名古屋のオンリーイベントくらいにしか参加したことのない自分にとってはこれはもう圧巻の光景でしたねー。
 というか長い! サークル参加だけにしても長い!
 ついでに階段にスロープがついてるんですが、これはいったい何に使うのかと思っているとよっしーさんがキャリーバッグをそこに走らせてて、よくできてるなぁ、とか思ったりしてました。
 で、いちさんのスペースにつくと、果たして手伝ってんのか邪魔してんのかわからないような立ち位置で木偶の坊になってました。せめて手伝いくらいはできないといかんよなぁ……。

 せめて動けるところで動こうと思って(自分も欲しかったんですが)いえろーぜぶらさんのフィナーレBOXを買いに。
 しかしよっしーさん今までのCD全部持ってるとかで、フィナーレBOXの内容は詳しく見てないんですが、今までの曲が全部入ってる? とかであれ、これよかったのかなとか思わないでもなかったですが、とにかく買ってきました。
 しかしシャッター前というのはすごい。いったん外に出るのに並び、外に出てからそれぞれの列にわかれて、そこでまた並ぶという。これ何百人ってレベルじゃないんじゃね……? って人がいるものですから、大手ってすごいんだなぁ……というのをしみじみ実感しました。
 で、いえろーぜぶらさんへ行った後は、twitterの方でいくらかおつきあいのあるひのさんに頼まれていたものがいくらかあったのですが、連絡ミスでわからなかったので、とりあえず覚えていたいちごさいずさんのところへ。
 これもめちゃくちゃ列長かったですw
 最後尾札じゃなくて列の途中札があるってのがすごい。列の途中札って……。まあ列が途中で分かれているからなんですが、それだけの人がいるってことですからねぇ……やっぱ大手って(以下略
 これ絶対途中で売り切れるだろって量の人だったんですけど、普通に僕の番まで回ってきました。大手怖い。マジ大手怖い。僕の前何百人いたんだってレベルだったんですけど。
 それが終わると、後は東方の小説本を買って回りに。しかし密集してて地図持ってるのにも関わらず買い逃した感があります。絶対足りない……あれとかあれとか荷物にないもの……絶対買おうと思ってたのに……

 で、途中でお金がなくなって戻ったり。いや、持ってきてはいたんですが、スリ対策で何個かに分けていったんですが、ミスって予定以上においていってしまって――と思ったんですがどうやら使い込んでただけだということに終わってから気づいて死にそうになりました。
 で、次は小説本は小説本でもtwitterや創想話で何度かお話したことのある人のを買いに行くのと同時に挨拶に。
 まずは最初に大崎屋さんのスペースへ。
 3人いましたけど、大崎屋さんは一発でわかる。
 サングラスかけてる長身。
 驚くべきことにコスプレしてませんでしたけど。
 驚くべきことにコスプレしてませんでしたけど。
 いや、マジで。
 まさか紫じゃないとは。生の紫コスを見に行こうと思っていたのに。あの人は似合いすぎる以上に似合うというかもう違和感がないんだ。いや、紫っぽいといえるかどうかはわからないけど違和感がないという不思議。紫が男になったらこれって感じ。
 な格好じゃなかったので本当に大崎屋さんかどうか自信がなくなったのですが、サングラスの似合う長身というのは創想話界隈では大崎屋さんしか知らないので大崎屋さんと断定。
 名乗って、自分の本を渡すとお返しにエロ本をくれました。
 ぜんらでした。
 阿求の全裸が眩しいぜんらしゅぎでした。
 というかリボン巻いてるのに隠れてないってどういうことだぜんらしゅぎ。
 まあどうせ貰わなかったら貰わなかったで買う予定だったのでありがたくちょうだいすることに。
 ちなみに稗田の時間を買っていなかったことに気づいて後でまた買いにきましたが、それはまた別の話。

 ちょうど挨拶回りに行くところだったという大崎屋さんと別れ、次にうるめさんのスペースへ。
 先日僕が小説本を出すときに、というか出す前に、どうすればいいかについて多大なるアドバイスをいただいたのでそのお礼に――って言ってないぞ! 言い忘れてるぞ! 今書いてて気づいたけど言ってない! よく考えたら自分の本の言い訳だけしてお礼とか特に言ってないぞ!!!
 ……ま、また次の機会に言えばいいんだ。そうしよう。
 ここでうるめさんの新刊をいただき、スピッツ合同を購入。
 また打ち上げがあればそこで会えるだろうということで、そこで再び会おうということで、ひとまず立ち去ることに。

 次に向かったのは結城衛さんのサークル。
 twitterでもフォロー等はしているもののあまりお話したこともなく、下手すると先日の一度きりじゃね……? とか思っていたので正直緊張というか名前を覚えられていない可能性を考慮して、できるだけさらっと向かうことに。
 最初に見て感じた印象。
 執事じゃね……?
 いや、本当にあの頭脳で、家事全般もできる、手に職ついていて、あのルックスと雰囲気醸し出されたら執事にしか見えない。今回の新刊のコンセプト的には喫茶店のマスターとかだとは思うのですけれどね。
 名乗って、僕の本を渡し、一言二言交わし、新刊と幻想速度を購入。
 幻想速度はtwitterなどで良い評判をたくさん聞いていたので是非読んでみたいと思っていたものの、今までなかなか買う機会がなく読めていなかったもの。じっくり読みたいと思います。
 
 次にヤナさんのところへ。
 twitterでいちさんのスペースにはすでに来たということだったのですが、タイミング悪く僕はおりませんで。「また後で向かう」という旨の言葉はいただいていたのですが、それは悪いので僕から向かうことに。
 というか僕も学園あやれいむ合同欲しかったですし! 文も霊夢も好きですし! さらに学園ですし!! 学園あやれいむですし!!!

 その後はこちらもtwitterで時々(僕が一方的に話しかけて)お話させていただいているおみなえしさんのところへ。
 行くのが遅かったのですでに新刊はなくなってしまっていましたが、本を渡したところ、新刊の代わりにカレンダーをいただきました。
 カレンダーはこれから一年まるまる使うので、大切に机の上に置かさせてもらいます! それと、お話の途中に行ってしまいすみませんでした……。

 その次は、以前の名華祭でお世話になったhalさんのところへ。
 僕の本は前回の名華祭の際に交換してあるので差し入れを持って行くことに。と、新刊をいただいてしまいました。差し入れに交換していただいてしまった……申し訳ないです。
 以前の名華祭での礼を丁重に述べ、「私は全然何もしてないですよ」という言葉に惚れ、またどこかのイベントでお会いする機会があればその時はまたよろしくお願いしますという旨を伝えた後、その麗しい姿に後ろ髪を引かれながらおいとま。

 ここで一度いちさんのスペースに戻り、いちさんのスペースのすぐ近くである箱箱さんのところへ。
 部屋のネタをtwitterやらステカムでよく見ていたのでいったいどんな方なのかと若干心配だったりしないでもなかったですが――あれ、普通に爽やかじゃね……?
 ああやってネットで嘘情報流すのは混乱の元ですね(真顔
 挨拶を交わし、本をおしつk――お渡しして、新刊をいただきました!
 というかちゃんとどこかで言ってから挨拶に行けばよかったですね……。

 ここでもう一度いちさんのスペースに戻り、携帯を確認。
 電池がもうない……?
 ちゃんと家を出る直前まで充電器につなぎ、夜行バスの中では電源を落とし、なるべく電池を消費しないようにしていたのに正午付近ですでに電池が1……?
 電池の消耗を避けるためtwitterをなるべく使わないようにする(このせいで後々面倒なことになるのですが)
 いちさんからプラツカさんがいらっしゃったこと、IBさんがいらっしゃった、あみゃさんがイケメンだったことを聞く。
 ――おおう……プラツカさんいらっしゃってたか……。終了いくらか前くらいにはスペースに戻っているようにしようと考えておくことに。
 で、この後IBさんと何度かメールの交換、おみなさんの色紙の抽選に向かうなどを経て、IBさんと合流。
 IBさんの方は挨拶をあらかた済ませているということだったので、僕のほうで残っていた挨拶に向かうことに。
 途中twitterrであみゃさんに「おいでー!」とリプ。

 最初始まる前の設営の時間にいちさんのスペースにいらっしゃっていた紫崎さん。お声かけようとしたのですが、タイミングを掴めず声をかけられず。先日スカイプで皆さんで会話したときに「新刊交換しましょう!」という約束をしていたので新刊をひっさげ向かうことに。
 実際に後ろで見ていたので知ってはいましたが霊夢コスでした。
 霊夢コスでした。
 腋の眩しい霊夢コスでした。
 同じ男なのに自分のと比べて妙に綺麗だったのがとても複雑な気分になりました。

 さらに途中でいちさんに「あみゃさんが来たら捕獲しておいてください」とメール。
 IBさんが葉月さんのところへ挨拶に向かうというので僕も一緒に向かうことに。
 というところでいちさんからのメールが。
『あみゃさんもう来てるよ』
僕「戻りましょう」
IBさん「えっ!?」
 気持ち早足でいちさんのスペースまで急いで戻るとそこにはイケメンで評判でやっぱりイケメンだったあみゃさんの姿がああああああああ!!!!!!!!!
 おしゃれで爽やかでインテリ風の超イケメンでしたうわあああああトークうめええええええええおわああああああ周りの空気があっまああああああいいいいいいうわああああみゃさんイケメンだあああああ!!!!!!
 ちょっとでもイケメンオーラ吸っておこうとあみゃさんの肩に顎乗せたりしてました。落ち着く(迷惑
 しかしあみゃさんに渡すための本がすでにないという。
 おかしい……創想話の方も結構いらっしゃったのでちょっと多めに持ってきたはずなのにもうないなんて……おかしいぞ……。
 というわけで非常に申し訳ないことに顔合わせだけということになってしまいましたが、あみゃさんと合流。イケメンでした。
 本人は痩せていることを気にしていらっしゃるようだったのですが、いささか肉のついている僕からしてみればスリムな体型というのは羨ましいんだよおおおおおおおおおうわああああああ!!!! 今日福袋に入ってたジーンズはけなかった僕の気持ちがわかるかあああああああ上も入るは入るけどぴったりジャストサイズすぎるんだよおおおおおおこれ以上太ったらどうしてくれんだああああああああ!!!!!!!
 という感じで超イケメンでした。
 本当は抱きつきたかったんですが、初対面でそれはあまりにもあんまりなので自重。というか僕がそんなことをすると日本中のあみゃさんファンに消されかねないので自重。

 あみゃさんと合流した僕たち一行は葉月さんのところへ。そこで沢田さんもいらっしゃいました。
 あみゃさんが来た途端にスペースから抜けだしあみゃさんに抱きつく葉月さん。
 ここが東方の場所で本当によかったと思いました。
 ちょっと場所がずれていたら掛け算されそうでした。
 どういうことかと言うと葉月さんもイケメンでした。芸能人とかに普通にいそう。イケメン。後々の会話でも思ったのですが、テニスサークルの部長とかやってそうな人でした。リア充感の漂うイケメンでした。
 そして葉月さんと対面しても渡すモノのない僕。
 その場で切腹しようかとも思いましたが、せっかくなので喋れるだけ喋っておくことに。あんま喋れなかったですが。
 僕あんまトーク得意じゃないんだよ!!!! あんなにリア充ばっかりですらすらトークできたらこんなに困ってねえんだよ!!!!!!!!!

 その後はいろいろとふらふら。大崎屋さんに遭遇できたりできなかったり、あやれいむ合同のスペースさんにお邪魔して、あみゃさんたちのイケメントークを拝聴したりしていました。あみゃさんは脱げばよかったと思います。

 あとは目についた小説本を財布と相談しつつ購入したり、IBさん連れられて、文トレでも以前ご一緒したサバトラさんたちのサークルへ。
 いくらか会話した後、そろそろいちさんのスペースへ戻らなくてはということで(すでに終了何十分前でしたけれども)IBさんが会話しているところだったのでそっと抜けさせていただくことに。

 そして終了はいちさんのスペースで。初のコミケ終了の拍手。
 
 いちさんのスペース撤退も手伝ってんだか邪魔してんだかわからない立ち位置でしたが、いくらか作業。
 そこで自分の荷物が少々多すぎることを確認。
「送料もったいないし頑張って持って帰るか……」と最初は思ったものの、いやこれは明らかに多すぎるしこんなの持ってたら打ち上げどころじゃない(創想話の方々たちの打ち上げに混ぜてもらう予定でした)ということで、いちさんたちのサークルで出た空の段ボールと伝票をいただき郵送することに。
 よっしーさんとともに郵送の受付まで行きましたが、あれはまた人が多いし地味に遠かったですね……。
 余談ですが、列によっしーさんと隣同士で並んで会話していたのですが、よく考えれば違う列で並べば列の進みが違うことは明白で。本当はいけないことなのかもしれませんが、前を空けて同じ列に入れてくれた方の親切には心を打たれました。こういう何気ない人の優しさに触れられる機会ってあるようでないような気がします。
 しかしよっしーさんに連れて行ってもらえなければ郵送の場所なんて全くわかってなかったであろうことを思えばお世話に成りっぱなしでございます。本当に申し訳ないとともにありがたい気持ちでいっぱいです……!

 その後、箱さんと、合流していたいちさん、一緒に帰ってきたよっしーさんに別れとお礼の挨拶を告げてから、大崎屋さんのスペースへ。
 もうすでに挨拶しているうるめさんに「初めましてでしたっけ……?」と話かける大チョンボしたり、喚く狂人さん(ハットがめちゃくちゃ似合う!)と初めましてしたりした後、会場を後にすることに。
 途中財布を確認すると、2000円しか入ってませんでした。
 …………。
 2000円……?
 打ち上げ用に5000円は残しておいたはずじゃなかったの……?
 しかも僕の夜行バスの乗り場は東京のため電車賃もとっておかなくてはならず……(打ち上げの場所は秋葉原か新宿になるだろうという話でした)
 で、「あれ……僕打ち上げでれないんじゃね……?」という状況に。というか途中で予約入れる段階では僕は参加できないということにしてました。
 しかし途中、もう一度人数を調整する段階で、大崎屋さんが。
大「読んだのは僕だから」
 ということで――ということでもなにも最終的に来ることを決めたのは僕自身ですが――お金を大崎屋さんに貸していただくことに。本当に大崎屋さんにはお世話になりっぱなしで……。
 そしてうるめさんも何度も予約の電話を入れさせてしまい申し訳ないです……。
 
 そして国際展示場駅から新宿駅へ。
 って何でこんな課程を省かずにいちいち言ったかって言うと僕が切符をなくしたからだよ!
 せっかくの電車の中での穏やかな時間をお邪魔してしまい葉月さんとIBさんには申し訳ない限りで……。それと同時に非常にお恥ずかしい話です。どうやらクリアファイルの中に入れていたのが(何故財布じゃなくてあんなところの中に入れたのかは今でも不思議なのですが……)クリアファイルに穴が空いていて落ちてしまったようで……。
 幸いにも駅員さんに話したら、切符の買い直しということで改札は通れましたが……子供か僕は……。

 こうしてようやくというかとうとうというか打ち上げです!
 新宿の焼き肉食べ放題のお店へと総勢10名で向かいました。多いな……。4人掛けのテーブルを二つに、予備の椅子を一つずつ足して座りました。
 僕のテーブルは、僕、IBさん、うるめさん、大崎屋さんの売り子さん、佐藤さん(仮)(すみません名前をド忘れしましたごめんなさい!)さん。
 も一つのテーブルは、大崎屋さん、葉月さん、サバトラさん、喚くさん、如月さん。
 お酒を呑む方もいらっしゃったのでお酒もありの飲み放題コースに。僕は未成年なので、IBさんは下戸なので……えーっと後の方はどうでしたっけか……とにかくお酒は呑まず。うるめさんが呑みまくってたことしか覚えてないのですw
 とりあえず食べ物と飲み物をオーダー。
 なんか知らんけどお通しみたいな感じで出てくる肉。
 乾杯してないから食べれない。
 焼く。
 焼いても乾杯してないからたべれn――って隣のテーブルは食べてるううううううう!!!
 いや、まあ確かに冷めるともったいないしなぁ、と思って僕も食べそうでしたけd
 というか飲み物は早く! 年末で人多いのはとってもよくわかるけどお通しよりも早く飲み物は欲しかった!
 まあその後飲み物が運ばれてきたので、各々グラスを手に取り、うるめさんの音頭で乾杯。 
 それからはもういろいろ楽しませていただきました。
 自己紹介から始まり、黙々と食べ続けたり、IBさんの「東方焼き肉合同……?」というつぶやきから話が広がったり。「秘封で黙々と肉を焼き続ける合同」は読みたい。やれと言われると非常に困るだろうけど読めと言われれば喜んで読むぜ(無責任
 隣のテーブルでは葉月さんが運ばれてきた料理の皿をひっくり返して即全部網乗せして即皿リターンという暴挙を繰り返し、エビとエリンギが網の上を支配していて「あれ、これ火ちゃんとついてるのかな?」みたいな感じになってたり、喚くさんが「これ頼んでないんですけどおおおおおおおおおおおおおおおおおお」とか皿返す時にすっと引いたりして店員さんを煽りまくってたり、葉月さんと夫婦漫才とかしてて賑やかでとても楽しかったです!
 途中サバトラさんと如月さんが離脱。人数がちょうど8人になったので僕が大崎屋さんたちのテーブルに移動。
 ボケとツッコミが入れ替わり入れ替わる高度な会話なテーブルで僕笑ってるだけしかできないクズだったので次までにリア充レベルあげておきたいと思いますけどあのレベルに到達するの無理じゃねって感じなので爆発。マジであのテーブルだけテニサーかよ……って感じだったのでやばい。喚くさん面白すぎてやばい。

 でなんだかんだで2時間ほどの食べ放題は終了。
 ここで僕の焼き土下座タイムです!
 ①大崎屋さんにお金をお借りする。
 ②小銭は出そうと思って小銭を出す。
 ③お釣りを大崎屋さんに渡す。
 ④電車代がなくなったことに気づく。
 ⑤大崎屋さんにあと100円お借りする。
 ⑥クズ。
 ゴミ野郎じゃねえかああああああああ!!!!!
 こ、このお金はきちんと夏コミか例大祭で必ず……!

 皆さんとともに新宿駅まで向かう。
 道中大崎屋さんと肩を組んで嘔吐ごっこしてました。
 そして東京駅まではどの電車に乗ればいいのか、夜行バスの集合場所まではどうやって行けばいいのかを大崎屋さんにレクチャーしてもらい――お世話になりっぱなしじゃねえかあああああああ!!!
 最後に大崎屋さんと熱いハグを交わした後、皆さんとお別れいたしました。

 ちなみに、その後東京駅に着いた僕は駅員さんに出るべき出口の方向を聞き即刻外へ。
 当然、冬の夜10時の外は暗い。
 ――目印にしていたビルが見あたらねえ……!
 困ったら聞きに行くので大丈夫ですと自信満々に言っていた切り札交番すら見あたらない始末。
 幸い、パトロール? 中の警備員さんがいたので道を尋ねる。
 これで方向はわかったものの、「回り込んで――」とか「その先の横断歩道を――」とかを覚えたつもりでしたが、初めて行く場所だとそれがどこを指していて、どこに出たときのことを想定しているのか全然わからなくてですね(方向音痴
 結果、割とガチのダッシュの末、さらにあと2名ほどに道をたずねようやく目的のバスを見つけました。
 ちなみに、時間には間に合ったものの僕は最後に来た人だったらしく、
携帯を開くと夜行バスの会社さんの方から電話が。
 結構ギリギリだったんだなぁ……とちょっと冷や汗をかきました。
 このバス乗れなかったらお金持ってない上に、携帯の電池もないで下手すると東京に骨を沈めるなんて事態に――

 なんてこともありましたが無事、名古屋まで帰ってこれました!
 いろいろありましたが、総評してとても楽しかったです!
 また打ち上げしたいですねぇ。今度はちゃんとお金を別に分けておいて……!

 というわけで、ざっくり? だらだらと流れだけ追って書きましたが、これにて冬コミ、C81レポは終了でございますー。
 長文駄文失礼しましたっ。
 ではではー!


スポンサーサイト


コメント

  1. 日向いち | URL | mQop/nM.

    Re: 超遅ればせながらコミケレポ!

    わーい!楽しかったねー
    またイベント一緒できたらうれしいです
    おまんじゅうおいしかったですごちそうさま!

  2. ゆーき | URL | -

    Re: 超遅ればせながらコミケレポ!

    コミケレポお疲れ様です
    楽しそう…羨ましい…行きたい…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://youichialacarte.blog26.fc2.com/tb.php/104-b2a3cf16
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。