スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方名華祭5レポ

2011年10月24日 23:44

どうも、こんにちは星崎です。
10月23日、とうとう「StelaGraph」初参加のイベント東方名華祭5へ行ってきました!
というわけでけんぶんろくのレポは結局書きかけで終わったというのに懲りずにレポを書いてみようと思います。

午前9時10分、最寄り駅である浅間町駅へと到着。
相方とはそこで集合しました。
ちょっと早くつきすぎてしまった感じはしますが、しかし僕、この朝起きたのは携帯の目覚ましが5つ鳴ったころでした。それもスヌーズ機能で一つにつき5分なる設定にしてあるというのに。よくぞ6つまで設定していたぞ僕……。これで4つとかで終わってたら寝坊してたわけだ。ギリギリすぎるw
そして友人の道案内に従って会場へ。
僕? 僕は方向音痴なんで僕に道案内させたら目的地なんて一生たどり着けませんよ?(真顔
そして入場。この時点で緊張がMAX。正直ちょっと倒れそうでしt(

頒布会場は3階でした。
階段あがってく途中でスタッフさんにたくさんあいさつされたんですが、それだけで感動して泣きそうでしt(
今回の新刊は宅急便で送ったのですが、部屋に入ると。
……どこ?
遠目ではわからなかったのですが、結局椅子の下にあって(まあ後から考えてみれば机の上に置かれていてもおろすの大変なのでそっちのほうが全然助かるのですが)届いてないかと思って魂抜けそうになりました。怖いぞ初参加。

そしてここで僕こと星崎のダメスキルが発動。
僕緊張すると汗が止まらないか尿が止まらないかのどちらかなんですが(迷惑
いやあ。
売り子にきてくれた友人がせっせと本にカバーを巻く中せっせと自らを仰ぐ僕という構図がですね。
いや、しかしそれはそれは暑かったんですよ。それは本当に。
で、友人も汗かいてたので僕がコンビニに制汗シート買いに走ったのですが。
本当に走っちゃダメだよねぇ。
というか道に迷ってしまい全力疾走してました。だから僕を一人歩きさせるなと何度も(

余計汗をかいて戻ってきて、結局カバーはほとんど友人に巻いてもらいました。友人いなかったら僕詰んでました。ありがたいです。
で、友人にカバーを巻いてもらいながら僕は遅々とした動きでこれまた友人が描いてくれた絵に文字を入れたペーパーを切る作業を。遅々として。
そしてでは本につける値札でも書くか、というときに。
星崎「筆箱忘れた……」
友人「え」
星崎「ペン持ってる?」
友人「筆ペンなら」
ぶっちゃけありえない。
紙はスケッチブックの紙を切って使う気だったのですがペンがない。色ペンがないだけでもいろいろと致命的なのによりによって筆ペンというチョイス。
僕と友人がきゃあきゃあ言いながらどっちの字の方がうまいかということを言い合っていると。
halさん「あの、これ使います?」
左隣のサークルさん「御主人様の玩具箱」のhalさんから差し出されたのは値札用の紙(なんかこう、専用的なあれです)と赤と黒のペン二色。
ちょっと泣きそうになりました(ぇ
しまむら妖夢の出で立ちを前にプロポーズしそうになりましたが、ぐっとこらえありがたく使わせていただくことに。
この日の失敗と成功の分かれ道は間違いなくここだったと思います。ホントに。


さて、友人と二人できゃいきゃい言いながら――今思うと相当に騒がしかったのではないかと心配になるのですが――一応の体裁を整え、入場開始の時間がやってきました。
というか一応の体制というか一応人様に見せれる形になるようにというかとりあえず汗を拭いたといいますk(
お客さんが入ってくるとなんとなくとまりました。不思議です。人体の神秘です。言い方は幻想的ですけどひどく迷惑ですね。

結果としては、予想していたよりとても多くのお客さんが来てくださったと思います。
予想では、知り合いの方が2、3人やってきてそれでおしまいかなぁ、と思っていたのですが意外や意外、まだ数えてはいないですが少なくとも2桁を越えるだけのお客さんは来てくださったように思います。

しかし、ちょっと気にかかったのが。
今回、お二方がなんと差し入れを持ってやってきてくださったのですが。
あのー、その、とても言いづらいのですが「あれ? これいちさんのお知り合いの方じゃないかな?」と思ったのですが……。
(イラスト・デザインは日向いちさんにお願いしました)
いや、一応名前は聞いたことがあるような気はしたので
逆に気づかなかったのですが、これってきっといちさんのステカムか何かで聞いたんだろうという予感がびんびんと。
というかですね「今回はチルノの漫画じゃないんですね」と声をかけてくださった方が少なくとも3人ほど。「いちさんは今日はいらっしゃらないんですか?」と聞いてきた方が少なくとも5人ほど。これはいちさんのサークルと間違えられている気がする……という方が少なくとも2人ほど……。
えーっと、あのですね……その、あの、ごめんなさい。
おそらくカットがいちさんの絵だったからじゃないかなーと思っています。おまけに今回いちさん自身が参加していらっしゃらないわけだし余計に。
差し入れをくださったお二人は確か始まってすぐくらいにいらっしゃって二人目の時に「あれ?」と疑惑。「チルノの漫画じゃ――」の一人目で確信。
これは間違えられている。
というわけで急遽スケッチブックに注意書きを。「これは小説本です~~~挿絵は日向いちさんにお願いしました」というような感じの文を書いて置いておいたのですが、しかしそれでも訪れくるいちさんへのお客さん。
皆さん本当に申し訳ないです。
特にいちさんの本と勘違いしているかもしれない方が家に帰って本を開くと別人の小説だったと気づいたときの気持ちを考えるとちょっと胃が痛いです。すみません。
けんぶんろくのサークルカットはなんとか自分で書くのでどうかご容赦を……新刊のカバーイラストをちょこっととかはアウトなのかな……?

ところで。
土着神の底辺さんからはいちさんの方へ連絡があったようなのですが、水銀さん(聞き間違えていたらすみません)からは連絡もないし、マイピクさんでもない……?
もしかして僕の知り合いかとも思ったのですが、どこを探しても水銀という名前は出てこなくて……うむむむ。



途中りいちゅさんに挨拶に行く行くとtwitterで言っていたのに結局ヘタレスキル発動して本を押し付け、スケブをお願いして一言どもって帰るというクソっぷりを発揮しました。何やってる
いや、でも言い訳させてもらうとですね。なんかりいちゅさんスケブ描いてて超忙しそうだったんです声かける隙なさげだったんですてか邪魔できなかったんですホントに。
全然しゃべれなかったんですがnonさん短髪似合う人で羨ましかったです。パルパル



さて、そのほか。
最大の心残りはカラオケに参加できなかったこと。
この日のためにヒトカラに行ってレザマリの練習をしていたというのに……!
だいたいずっとスペースにいて、残り90分くらい。そろそろ行っても大丈夫かなー、と思って行ってみると90分後まで曲がびっしり詰まっていて新規お断り状態。
ちょっと泣いたかもしれません。
めちゃくちゃ盛り上がってて超楽しそうでしたもん!
僕だって振って応えてもらってとかやりたかったのに!
超悔しかったので名華祭6は絶対に参加すると意志を固めました。たぶん休み入ってるでしょうし。

後はそうですね……お隣の「紅茶党」さんの方々にも優しくしていただきました。
中には僕がちょっと気になってどこのサークルさんのものか尋ねたクリアファイルを「それ買ってこようか?」と。本当に親切すぎて逆にスペース飛び出しましたけどw
ちゃんと自分で買いに行きましたよ!
途中机の上に名刺あるの見つけて何の脈絡もなく「名刺ください」とか言った僕に快くくれたり。というか僕はもっと入り方というのを学んだ方がよくてですね。
というか当日に隣で修羅場っている人に普通に接してくれる時点でありがたいのですが。
つ、次からはちゃんと用意をしていこうと思います。


初めてのサークル参加というのは新鮮で大変で、それでもやっぱり楽しかったですね。
いろんなサークルさんに無差別爆撃のように新刊を押しつけていったのですが、快く受け取ってくださって嬉しかったです。

そして最初から最後まで手伝ってくれた友人。
彼がいなければ途中でいろんなものが終わってましたね。
改めて、ありがとう。
恥ずかしいなおい
でも大学でイベントや本関連の話をするのは以降やめてくださいw
いや、僕も先日まではしてましたけどさすがにマズイ気がしてきたので。



そして即売会の時間も終わりアフターイベントへ。
アフターイベントのじゃんけん大会の景品に同人誌を一冊投げてあったのでちょっとどころではなく気になって参加することに。
いつもの司会の咲夜さんが文章読み上げてくれたのにはちょっとくるものがありましたね。黒い衣装も普通に素敵でした。言われるまでずっと仕様だと思ってました。結婚してください。
あの人イケメンすぎるだろ……。トーク凄いし。羨ましい。
じゃんけんに加わってくださった皆様、ありがとうございます。
結局僕はなにも手にすることができませんでしたけど!
後ろの方にはけていけるのは2回くらいありましたけど、それでも結局そこで負け、それ以上はとんと。
ちゃっかり友人がカタログ絵の缶バッジ手にしてて悲しみ背負いました。
僕だって初サークル参加の時のカタログ絵の缶バッジとか欲しかったよ!


しかし、次の名華祭6でサンライフ名古屋が使えなくなるということで……うーむ。名華祭7以降もやって欲しいですがどうなんでしょうね。名華祭の主催さんやスタッフさん好きなんですが。
僕の東方オンリーは東方名華祭2だったのですが、それがまた楽しくて。イベントが3回目だった、ってのもあるかもですね。
自分がサークル参加をするときには名華祭にしようと決めてたので今回は参加できて本当によかったです。
そのおかげで締め切りに追いかけられて死にかけていたんですが7以降も是非どこかでやって欲しいです!



名華祭が終わった後本を三冊ほど押しつけたんですが本当に押しつけた感じになったのでちょっとここでは恥ずかしくて書けないですね



イベント終了後、売り子の友人とその友人と別れ、ひのさんと合流。
なんとひのさん、僕がずっと探していた「カレとカノジョと召還魔法」の6巻(帯付き)を見つけてきてくれまして!
ずっと探してて確かもう絶版? か何かになっている本なんですが!
探し出して買ってきてくれまして!
それを受け取りました。
感激でした。やばいぞ。カレカノ。ラノベの中で一番好きな作品を挙げろと言われたらカレカノですよ、僕は。
1~5巻までは帯付きを持っていたのですが6巻は持ってなくて。
いやあ、本当にひのさんありがとうございます。


で、その後ゲーセンに行っていた友人と再び合流して(迷惑)僕も打ち上げのカラオケに参加することに。
っていうかいちさん参加の時には「打ち上げ行きましょうよ打ち上げ行こう」って言っといて自分の時行かないって超ありえないので行ってきました。
宿題のこととか翌日の講義のこととか僕は知りません。
そのせいで大変なことになったのですが


僕と売り子とその友人2人の4人で行ったのですが、その2人と僕とは完全にその日会った初対面でした。
でも楽しかったですよ。っていうか売り子の友人が歌うまいのは知ってましたけど、その2人もうまいやうまい。
やばいぞ、あれ。うまいぞ、こわいぞ。あそこまでうまいと逆に困るぞ。
というわけで3時間ほど名古屋駅の近くのカラオケ屋さんで歌ってました。
東方オンリー後ということで東方の曲ばっかをチョイス。まあちょっとボカロに浮気したりもしましたが、まあそれはそれとして。
いやあ、楽しかったですね。初サークル参加の後の、初打ち上げ。
大変楽しませていただきました。
初めましてでしたがお二方、ありがとうございました。

カラオケの内容はまあ文字にしても面白さは伝わらないでしょうし(それでいいのかと思わんでもないですが)割愛しましょうか。
とりあえず、次までにローリンガールとフラグメンツを完璧にできるようにしておきますw
定番ですけど最終鬼畜楽しかったですね。あの高さ出る人友人はいないので「おー」と。

カラオケ終わった後僕はお暇することに。
ぶっちゃけここで危機感が芽生えたというのが正しいといいますかなんというか。
まあ結局無駄だったんですが。



というわけで名華祭レポは終了でございます。
足を運んでくださったお客さんの方々、参加されたサークルさん、特に両隣の方々、そしてスタッフさんに主催者さん。お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。
また、ご一緒できることを楽しみにしています。




今日もちょっと時間がしんどいので(宿題何一つしてなくてお風呂入ってなくてこの時間)溜まっている拍手やコメントなどへのお返事はまた後日すぐにやります……!


さて、それでは今回はこの辺で。
長文駄文失礼しましたっ。
ではではー
スポンサーサイト

名華祭お疲れ様でした!

2011年10月24日 00:27

今日の名華祭来て下さった方、サークルの皆様、そしてスタッフの皆様、ありがとうございました!
今日のレポを打ち上げの最中と電車の中でレポをカタカタ書いたのでレポは明日か明後日にでもなんとかしたいと思ってます。
ただ今日はちょっとさすがに疲れましたw
打ち上げ行って、帰ってきても、えーっとあのですね……明日のレポートがですね……小テストの勉強がですね……
あと次のけんぶんろくにも申し込もうかと思ったのですが明日締切ですって。やばいでーす。
サークルカットどうしようか考えてます。自分で書くって何を書けばいいんだ……

というわけで今日は簡単にですが、これにて失礼します。
今日は本当にありがとうございました!

東方名華祭5当日につき

2011年10月23日 07:23

ふなああああああああああおおおおおおおおおおやっべええええええええええええ
昨日の2時にようやくペーパーすり終わってそのあとにようやくサークルチェックして寝たの3時か4時かくらいだよ!! 遅すぎるよ!!
いやこれやばいよ。朝弱い自分がこの時間に起きれたの奇跡だよ。
でも眠いですやばい。
ともかく。
本日、東方名華祭5でB-13「StellaGraph」にて、東方紅夜譚頒布します!
名古屋圏の皆様はぜひぜひ来てくださいなっ!

前回の日記にコメついてたかにきゃっとさんはたぶんいちさんのお知り合いの方ですよね。
もしかしたらお会いしたことある人かもです?
(けんぶんろくの時のあの人かなぁ)
お会いできたらいいですねー。でもご無理はなさらずに!
あ、あと顔覚えてるか微妙なので名乗っていただけると気まずい思いがなくていいと思いますw



さてさて、というわけでそろそろ僕は出発する準備します!
それでは今回はこの辺でっ
ではではー

東方名華祭5について告知

2011年10月13日 22:43

東方名華祭の特設サイト作りました!!
東方名華祭5/StellaGraph特設ページ


僕こと星崎遙一の二次創作小説サークルStellaGraph初参加のイベントです!
10月23日東方名華祭にてB-13[StellaGraph]で参加します!

詳細は特設サイトにてどうぞ! カバーイラストと本文サンプル、そしてちょっとしたあらすじを置いてあります。
A5二段組み小説本112pフルカラーカバー付きで700円です!
本文は僕、星崎遙一。イラスト・デザインは日向いち様にお願いしました!


原稿の方も無事入稿完了しました!
入稿するためデータの変換を行うソフトが動かなくて友人に頼んでも僕と同じ症状でソフト動かなくて仕方なくwordで入稿したり、旧字体で印刷に出ないからデータ再入稿したり、冷や汗マックスでしたけど無事入稿しました!
初参加でドキドキでしたが入稿の締切を0時だと思ってたら17時だったり、そもそもまだ入金確認がまだでもしかしてお金足りない? とかちょっと焦ってますけど大きなトラブルもなく無事終了です!
いやぁ、ようやく終わってよかったです。
23日まで終わりとは言えないのですが、とりあえずはほっとしたといったところです。
腹痛からは解放された感じだと思います
今回打ち消し線多いな……


ともかく。
東方名華祭5にて、皆様に会えることを楽しみにしております。
よろしくお願いします!


それでは今回はこの辺でっ
ではではー!

近況報告

2011年10月02日 22:14

昨日いちさんに挿絵とカバーの絵のラフをいただき、進めていただくことになりましたっ。
僕の方も原稿はほぼ完成。推敲はまた何度かしますが、エピローグの構成上行を一行たりともずらしたくないので、言葉のすわりなどを直していく作業になるかと。
やり直しがきかないって恐ろしいね!

入らないんじゃないかって心配だった短編ですが、個人的に結構好きな話になったこと、他の方にも読んでいただいて直しや感想もいただいたお話であることだったことから、入れることにしました!
下手すると長編よりこっちのがいい話かもしれn
い、いや、両方とも一生懸命書きましたよ!

今は、ノンブル入れる作業と中表紙、扉絵、奥付とかを考えてます。
というか奥付ってデザインとか考えるべきなんですかねー。ただの文字だけでいいものか。
ううむ、初めての本は悩むことが多いです。


とりあえず、締切に間に合うように入稿できるように頑張ります!



10月23日、東方名華祭にてB-13【StellaGraph】よろしくお願いします!!


それでは今回はこの辺で。
ではではー


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。