スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バカテス美波ss】Ich möchte mich gern wissen.

2011年07月30日 14:38

はい、どうも。
記事全部書き終えた後に「あ、オーウムラウト(ö)が小文字じゃなくて大文字になってる」と思って小文字を検索しようと思いたつや否や、タブを変えるのを忘れて検索にぶちこんで打ってた記事全部消えました星崎です。
作品のお話とかしてたんですが、もう一気に書く気なくしましたどうしましょう。


えーっと、気を取り直して。
こんぺちゃっととか、散髪とか、高校野球とかがおもしろすぎて24時間すぎるところでした。危なかったです。
あと、昨日お話してたイケメンキックの人ですけど監督じゃなかったです。コーチですかね?
監督は超温和そうで2試合連続ホームラン打った選手に超お辞儀してました。
別のファインプレーの選手にしてましたけど。超慕われてそうです。


こんなに圧縮して書けるのか……
短編書きたいと思ったら一回書いた後に全部消すといい感じにまとまった短編が書けそうですね
絶対やりませんけど。


はい、お話の話いきまーす。
一応全部書きますけどちょっと淡泊になるのは許してください、泣きそうなんです。
えー、葉月の口調ですが、2巻登場時では美波に対してくだけた口調でしたが、5巻あたりでは美波に対して敬語を使っていたので、敬語で統一させていただきました。
その方が口調かぶりを防げるというのと、ぶっちゃけ作者(僕のことです。見直してみて誤解を招きそうだと反省)の趣味です。はい。


次に。
今回はちょっと毛色が違うお話かなー、と。
バカテスを読んでくださってる方の中に物書きさんがいるかどうかはわかりませんが、今回はちょっと構成がわかりやすいお話になっているかと思います。
まあ、東方の方も読んでいただいたのはたぶんそそわのみなのですが……。
たぶん大方の予想は当たってしまうのではないかと思います。そういう順番で書きました。
いや、ダメなんですけどね、わかってしまうようでは(苦笑
こんぺちゃっとは本当にいい経験になったと思います!

最後に。
今回も題名のドイツ語については単語や文法などあっているという保証はできませんのであしからず。
ドイツ語得意な人はどんどん指摘していってね!
和訳は「私は私を知りたくて」です
題名もちょっとわかりやすいかもしれないですねー


さてさて。
コメントのお返事もしていなかったので、次か次の次にでもお送りしようと思います。
いつもありがとうございます!

それでは今回はこの辺で。
ご意見ご感想などお気軽にどうぞ!
ss本編はいつも通り追記からお願いします
ではではー




[【バカテス美波ss】Ich möchte mich gern wissen.]の続きを読む
スポンサーサイト

【バカテスss】unter einem Schirm gehen -相合傘で行く-

2011年05月05日 02:49

おばんでーす。星崎です。
生放送に入り浸り「パーソナルカラーは赤と黄色です」とかわけのわからないこと言ったり某人紹介の漫画を読んだりしていたらもうこんな時間です。なんてこった。
明日は月たちと一緒にカラオケに行く予定なんですけどねー;;
ついでに、そろそろこの色からも卒業しなければならないのですが。なんてね。



さてさて、バカテス美波ss、大変お待たせしていました!
いやあ、本当にお待たせしてましたw
なんとか書き上げました。まあプロット自体はできあがっていたので、今日一日部屋にこもってカタカタやってましたー

さて、今回はリクエストをいただいていました。『付き合い始めてからの学校での美波と明久』ということで、前回の続編のような位置づけで書かせていただきました。
まあ、前回のを読んでいない方も、まあ大した話ではございませんのでw
ちょくちょく前回の話が入ってきますけれども、普通に読んでいただけるとは思います。

さてさて、前回のお話、ウチのブログでは一番人気になってしまっているのですが……それの続編と言ってしまうとなんかちょっとハードルあがりそうで怖いですねw
でもまあ、いくらか昔に書いたやつなので、文章力的には高くなっている、と、思い……たい(ぁ
一応いろんな話を考えてはいたんですがねー……受験で全部忘れましたorz



あ、そういえば。
声優さんのネットラジオか何かですっごくおすすめがあれば教えてください!!
あのね、ほら。せっかく受験を終えたんだからかわいらしい声で「おめでとう」とか「お疲れ様」とか言われたいじゃん!!
もう5月なんだから急がないと!!!
だから是非教えてくださいませ!!!!!



えーっと。うん。
ssの話に戻りましょうかw
今回のssは学校での、ということになっていましたが……どうだろうこれはちょっと逃げてしまった気がするねw
なんというかねー、どうも明久と美波まわりの人間関係ひも解いていくのはそれはもうそれで一つのシリーズいけちゃいそうなので(書けるかどうかはわかりませんけど!)そこがどうしても後回しになっちゃいまして;;
んー、かと言ってそこまでの大作(になるかはわかりませんけど!)を書き上げるまで学校話がなしというのもアレな話ですし、ついでに言えば、実は学校話で一つ考えてはいるんですよねー。
それは順番が非常に微妙で……いつ入れるかが迷っちゃうんですよ。まあネタだけ考えてプロット立ててないせいなんですけどね!


さてさて、タイトルですが、ドイツ語で『相合傘で行く』という意味です。
大学の第二言語でドイツ語を取ることにして、ドイツ語辞典を買ったのでタイトルを考えるのが楽になって非常にうれしいですw
ネットの翻訳とかだと、めちゃくちゃな訳されたりしますからねw
辞書の例文そのままだったらOKなはず!
本当の僕のドイツ語力では自己紹介と数字を少ししか言えませんから!
文法もちょっとしか習ってない!
英語と違って動詞の活用が『一人称』『二人称』『三人称』だけじゃなくて、彼とか彼女とか彼らとか私たちでもそれぞれ動詞が変化したりするんですよ。
で、チラっと調べてみると冠詞ももしや変化する(確実でない情報なのでご注意を!)のかな? という感じだったので一つ一つ調べてたら疲れてしまうw
その点辞書の例文だったら当然人称代名詞にちゃんと合わせてるよね……? という判断なのです!
ドイツ語に明るい人で「おいこれ違うZE☆」ってのがあったらご指摘よろしくお願いしますー!
ちなみに『相合傘』という単語は出てきませんでした。ドイツにはない概念なんでしょうかね。そういうのがわかるのはおもしろいなと思いました。
どうなんでしょうねー。ドイツの文化に詳しい方はいらっしゃいますかー?
まあおそらく、二人で傘の下を行く、ってそんな意味になってるんですかねー。一つ一つざっと単語を調べてみた結果そんな感じでした。
しかしこれ人称本当にあっているだろうな……? 男と女の二人だぞ、大丈夫か……?
ドイツ語にそこまで区切りがあるかどうかは知りませんけどもねw



まあ、こんなにだらだら長くしゃべっても仕方ないですねw
ここまでの文章で大事だったのは


①「僕の受験の疲れを癒す素敵ボイスのラジオを紹介してください!」
②「ドイツの言葉、文化に明るい人は是非教えてくれると、勉強にもなり楽しいので是非ご教授ください!」




たったこの二つですね(キリッ


というわけでいつも通り小説は続きを読むからお願いします。
ご意見ご感想などなど、拍手やコメントからお気軽にくださいませ!
拍手コメでもコメントでもどちらでもオッケーですよー
お言葉いただけると非常に嬉しいです!
ああ、返信の方はまた後日行いますねっ
それでは今回はこの辺で
長文駄文失礼しましたっ
ではではー




[【バカテスss】unter einem Schirm gehen -相合傘で行く-]の続きを読む

文月学園オッサン二人の小さく重大な奮闘記 後編

2011年04月05日 21:57

さあ、この後編は何か月ぶりなんだろう(殴

いや、あのね、前編書いた時にはもうオチはこれにしようと思ってたからオチは決まってたの。
でもね、ほら、受験とか東方とかあやれいむとかやってたらこっちを書いてなくて……。

それにしても……前編読みたくねえ……!w
リンク貼ろうと思ってチラっと見たんですがこれ酷すぎるw
「……」多すぎでしょ! 読み辛い! ついでに使い方間違ってる!
ふざけんな昔の僕があああああああああああああああああ!!!!!
他にもだ! なんだこれは! 読む気なくす文章書きやがって!
でもこれに気づけたのは某ss作家さんのおかげなのです。某飴の方ありがとうございますっ
あ、ここまで酷くは言われてませんからねw 念のため。とっても優しい方ですよ!

そんなわけで書き直したいけど、そうするとだいたい全部もう一度書くようなものなので、それに時間使うなら新しいやつを書きたいんですよねー;;
というわけでまあ今回の後編は原作読んでれば別に前編読まなくてもわかっちゃうので、ちょいとあらすじ置いとけば前編は読まなくても読めるよ!
あれ、じゃあ前編の存在意義は
あんなのでも読んでやるぜ! って方は是非お願いします!


文月学園オッサン二人の小さく重大な奮闘記 前編


ああ、あとコメントのお返事は次にまとめてさせていただきますねっ
いくらかコメントいただいているのにお返事できてなくてすみません;;

さて、今回はなかなか自分好みにまとめることができたかと思います。
高校時代、厳しかった体育教師にたくさん面倒を見てもらったことを思い出して書きました。
勝負して全然歯が立たなかったのもいい思い出です。それでもたくさん相手をしてもらいました。
いつかまた会いに行ってリベンジしたいです。
教師に対する評価は人それぞれです。それこそ人としての好みが出るところもあるかと思います。
厳しい教師として嫌っている生徒もいたかもしれません。でもあの歳であれだけ動いて勝負してくれたり練習に付き合ってくれたり、卒業式で号泣していた姿、餞別として歌っていたあの人の姿を僕は忘れません。

まだ学生の方、いらっしゃるかもしれませんね。
そりゃあ世の中には嫌な教師だってどこかにはいるかもしれません。
でもそう決めてしまう前に、どうかもう一度その人を見てみてください。
大切な思い出になるかもしれないチャンスを簡単に潰してしまうのはもったいないことだと思いますよ。
まあ、まだまだ若造な僕の私見ですけどね。

というわけでちょっとこのシリーズ気に入っちゃったのでまた続くかもしれませんw
その時はまたお付き合いしていただければ嬉しいです!

ちなみに。
西村先生の一人称、少々迷いましたが今回は「私」で統一させていただきました。
「俺」でもよかったんですが……うーん、と迷った結果。
どちらがいいかアンケートとってもいいですねー


さてさて、いつも通り本編は『続きを読む』からどうぞ!
ご意見ご感想などなどお気軽にどうぞ! お待ちしています。
楽しんでいただければ幸いです。
ではではー


P.S.
前編のあらすじを置いておきます。
本編に入れるとちょっと微妙な感じになっちゃうので読む方はこの後を反転させてどうぞ。



前回までのあらすじ
Fクラス担任の西村宗一は、先日の学習合宿の際に自らが昏倒した理由が、彼の生徒であるFクラス所属の姫路瑞希のお菓子によるのではないかと推測。殺人フードを量産しているのではないかと思う。
予想の範疇を出ない推測だったが、彼が調査(?)をしていくうちに、それは予想から確信へと変わっていくのだった。
その過程で彼に相談を受けた化学担当の布施教諭は、その結論に恐怖と疑問を抱きながらも真剣に向き合うことを決意する。
互いに協力することとなった西村教諭と布施教諭。そして西村教諭には何か秘訣が……!?
果たしてオッサン二人とドメスティックシェフの運命はいかに!?

「……なぜこんなに大仰な話になっているのだろうか」
「ギャップというやつではないでしょうか。いろいろな意味で」
「泣かせる話ですね」



それでは本編へどうぞ!





[文月学園オッサン二人の小さく重大な奮闘記 後編]の続きを読む

10000HITありがとう!記念SS【バカテス版】

2010年06月09日 22:14

10000HITありがとーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!


皆さんのおかげでとうとう5桁の大台に乗ることができました!
もう本当に超感謝です゚+。*・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・*。+゚
いやあ、なんというかね、こんなに更新の薄いブログに日々来ていただいて本当にありがとうございますm(_ _)m
宣言通りというかなんというかで今年はちょっと活動が少なくなってしまうのですが、これからもお付き合いいただけると嬉しいです^^

というわけで、今回の記念SSはバカテスと東方の二本立てとなっております。
こっちはバカテスの方。

え~、今回の話は簡単に言うと美波とイチャイチャする話。
たとえ!この世が秀吉派であふれていようとも!
たとえ!ウチの看板の主役が秀吉でも!
僕は断固美波派です!!!!!!

異論は認めるが、おそらく意見は変えない(ぁ

まあ時間軸とかあの人どうなったの?とかは深く考えない方向で。
一応書いてるときには考えてたんだけどもう忘れt―――
というかそういうのやるんだったら長くしないといけないからね。
裏設定的な感じでとっておきます。きっと。
でも時間ができたらウチの看板その2になってほしい作品でもあります。
ついでにまたまた季節感がない。でも原作の時の流れ的にそうならざるを得なかったというか、いや、でもどうせ全然違うストーリーなんだからいつでもいっかでもやっぱりほんの少しでもリアリティがうんぬんかんぬん…………
まあ、結論を言うと、とにかく季節感がないです(ぇ

というわけで、ご意見ご感想どんどんお待ちしています!
拍手・コメント・メールなどなどお気軽にどうぞ!!
それでは楽しんでいただければ幸いです。
ではでは~
[10000HITありがとう!記念SS【バカテス版】]の続きを読む

エイプリルフール企画 ~ブログは時を操る程度の能力をデフォルトで装備してるからっ!~

2010年04月01日 23:59

エイプリルフール企画 ~ブログは時を操る程度の能力をデフォルトで装備してるからっ!~


いやあ、近年稀にみる更新の早さです。いつもは一カ月に一回(マジでごめんなさい;;)なのにもかかわらず、今回は二日連続………いいえ、嘘です。実はこれは4月1日に公開された記事なのです。
え?今は何日だか言ってみろって?
甘いですよ、みなさん。ブログの更新日時をご覧ください。




2010年4月1日23時59分59秒



どうです?ちゃんと4月1日でしょ?
4月2日に見たけど、その時はなかった、という人。それは見間違いです。ええ、見間違いなのです。見間違いですから
そういうことにしてくださいっ…………!



というか前日はエイプリルフールとあんま関係ないSSだったのですが、今日になっていきなりいいネタが閃いたので


というわけで、楽しんでいただければ幸いです!
なお、豊かな想像力を持って読んでいただければ、おもしろさが倍増してくれると思います。
ではでは、ご意見ご感想超募集中です!
コメントや拍手から気軽にコメントくださいね^^
随時受け付け、随時狂喜乱舞します。
それでは、小説は追記からどうぞ~




------------------------------------------------------------------------------------
【お詫び】
前日………ではなくて今日(?)公開したもう一方のSSと一番新しい「美少女秀吉」にミスを発見しました。
前者は、クラスの男子の人数を38人と表記しましたが、正しくは48人でした。


後者は、一か所(もしかしたらまだあるのかもしれませんが)美波の二人称を間違えて書いてしましました。
秀吉の心境というところだったので「島田」と書くところが、三人称視点と間違えて「美波」と表記しました。
新しい書き方を試したそうそうのミスですみませんでした。

以上です。



【4月4日追記】
Fクラスの人数の方、どうやら僕が気付く前に気付いた方がいらっしぃました。
ホントすみません……ご指摘いただいたのに無視しちゃった感じになってしまいましたが、決してわざとではないのです><
あれです、拍手のコメントも、『コメントの編集』で見られると思ってたんですよ;; 違うんですね。拍手とコメは別のとこなんですか………1年くらいブログやってて初めてしりましt―――
とにかく!ご指摘ありがとうございましたっ!
これからも指摘された分、直せる余裕があれば随時直していきますので、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
ではでは
[エイプリルフール企画 ~ブログは時を操る程度の能力をデフォルトで装備してるからっ!~]の続きを読む


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。